[ロンドン 7日 ロイター] - 英国政府は7日、長年の住宅政策を転換し、保有促進のみならず賃貸者を支援する方策を打ち出した。

「破たんした住宅市場の修復」と題した白書で、政府は賃貸向けの住宅建設件数を増やすほか、賃貸期間を延長し、賃貸者向けの供給を増やすよう開発業者に促すために計画法を改正する案を示した。より安価に賃貸しやすくしたり、賃貸人を保護したりする。

多くの地域で需要が供給を上回る事態を受け、許可を得た後で速やかに建設しない開発業者を罰する計画も盛った。