[ワシントン 7日 ロイター] - 米議会上院は7日、富豪で教育問題慈善家のベッツィー・デボス氏の教育長官指名人事を承認した。賛否同数の末、ペンス副大統領が票を投じた。

採決の結果、100議席中、民主党議員の46人、独立系2人のほか、共和党議員2人が反対し、残りの共和党議員50人が賛成した。

憲法の規定に基づき、賛否同数時にのみ副大統領が投票できるという。