[ワシントン 7日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)はギリシャの経済政策に関する年次審査の報告書で、同国の年金は「負担しきれないほど高い」と指摘するとともに、成長促進に向けて年金に割り当てられた予算を削減するよう求めた。

IMFはほぼ4年ぶりに年次審査を実施。年金予算を削減する代わりに税基盤の拡大や税率の引き下げに取り組み、貧困層への支援などに支出の対象を絞るべきだとの見解を示した。

IMFのトムセン欧州局長は電話会見で記者団に対し、「ギリシャは予算を今よりはるかに経済成長に資するものにするため、かなり難しい決断を行う必要がある」と指摘。

現状では課税を免除されている世帯が必要以上にある一方で、インフラなど必要な支出が、IMFなどによる支援プログラムで約束した財政目標を達成するために非常に低い水準まで削減されていると分析。そのような投資はギリシャ経済の近代化に必要だと語った。

IMFは報告書で、ギリシャの政府債務が国内総生産(GDP)比で2030年に160%に達すると予想。その後は「爆発的に膨らむ」と警告した。

IMFは現在計画されているギリシャ支援プログラムに資金を拠出する条件として、追加の債務減免と財務目標の引き下げを求めているが、ドイツはこれに反対している。

ただ、トムセン氏はギリシャへの債務減免措置の必要性については意見が集約されつつあるとの見解を示し、「1年前に比べれば、債務の持続可能性や必要な措置について意見の隔たりは埋まりつつある」と語った。