[アンマン 7日 ロイター] - シリアのアサド大統領は、アサド家は46年間にわたりシリアを支配してきたが、一族がシリアを「所有」しているわけではないとし、シリア国民が選挙で他の指導者を選んだ場合には政権から退くと言明した。国営シリア・アラブ通信(SANA)が7日、伝えた。

同大統領は2000年に、父親のハーフィズ・アサド前大統領の死去に伴って政権を引き継いだ。前大統領は軍事クーデターを経て1971年に就任した。

アサド家以外が統治するシリアを想像できるかとの質問に対し、アサド氏は「シリアはシリア国民のもの」と述べ、すべての国民に指導者になる権利があると述べた。

また、トランプ米大統領が過激派組織「イスラム国(IS)」や「他のテロリスト集団」の掃討を目指していることは期待できるとした上で、実際の行動を求めるのは「時期尚早」との見方を示した。