[東京 8日 ロイター] - 菅義偉官房長官は8日午後の会見で、10日に行われる日米首脳会談に世耕弘成経産相が同行しないことになったことを明らかにし、その理由について「(経産相の)カウンターパートであるロス商務長官の議会での承認が間に合わない可能性が高い」と説明した。

菅官房長官は8日午前の会見では、日米首脳会談に麻生太郎財務相、岸田文雄外相、世耕経産相が同行すると公表していた。

世耕経産相の訪米とりやめについて、日米の経済問題の協議への影響は「まったくないと思う」と述べたうえで、「日米首脳会談ではそうした経済問題が話題になると思う」との見方を示した。

(石田仁志)