ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

産油国の協調減産、延長判断は時期尚早=カタール・エネルギー相

2017年2月8日

[ドーハ 8日 ロイター] - カタールのサダ・エネルギー相は8日、主要産油国による協調減産が延長されるべきか判断するのは時期尚早だとの考えを示した。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟の主要産油国は、今年1月から6カ月の期限で減産を実施している。

同相は「市場からプラスの反応が得られている。供給の減少が確認できる」とし、産油国の順守状況は良いとの見方を示した。

同相は、協調減産を延長すべきかについては、5月のOPECで今よりも状況がはっきりするだろうと指摘した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧