[ウェリントン 9日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)は9日、政策金利を過去最低の1.75%に据え置き、金融政策が当面緩和的なスタンスにとどまるとの見通しを示した。

ロイターによると、エコノミスト26人全員が金利据え置きを予想していた。

ウィーラーNZ中銀総裁は声明で「とりわけ国際情勢をめぐる見通しについて多くの不透明要因がなお存在し、状況に応じた金融政策の調整が必要となる可能性がある」とした。