[ワシントン 8日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は8日、ワシントンの国務省でカナダのフリーランド外相と就任後初めて会談し、北米自由貿易協定(NAFTA)を巡り協議した。

フリーランド外相は、米国がカナダからの輸入品に新たな国境税を課す可能性について、「こうした構想が万一実現するような場合にはカナダは適切に対処する」と述べ、強く反対する立場を米国側に伝えたと明らかにした。

また、ティラーソン長官はメキシコのビデガライ外相とも会談。メキシコ外務省によると、外相はティラーソン長官のほか、ケリー米国土安全保障長官と移民や安全保障について意見を交わしたという。

外相会談では、立場の相違を解決するため協力を続けることで一致。また、ビデガライ氏はケリー長官に対し、米国内のメキシコ国民の人権が重要だと伝えた。

ビデガライ氏は会談後、ティラーソン長官が数週間以内にメキシコを訪問する意向を示したと述べた。

*内容を追加し、写真キャプションを更新しました。