[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比65円56銭安の1万8942円04銭となり、反落して始まった。1ドル111円台まで円高方向に振れた為替が重荷となり、節目の1万9000円を割り込んだ。

前日に決算発表をしたソフトバンクグループ<9984.T>、ダイキン工業<6367.T>などが上昇する一方、自動車、メガバンクが軟調。