[上海 9日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は9日、仮想通貨ビットコインを取り扱う9つの小規模取引所とビットコイン市場のリスクや問題をめぐり前日に協議したと明らかにした。取引所に対し、規制の深刻な違反があった場合は閉鎖される可能性があると警告したという。

人民銀がウェブサイトに掲載した声明によると、取引所には証拠金取引向け融資などの金融活動への関与を控え、マネーロンダリング(資金洗浄)を認めないよう命じた。

人民銀は先月からビットコインの大手取引所である火幣とOKコインの調査を実施。今回の協議は「BTC100」や「好比特幣」などの取引所と行った。