[ソウル 9日 ロイター] - 韓国の朴槿恵大統領を巡る疑惑などを調べる特別検察の報道官は9日、大統領側の弁護士から、予定されていた朴氏に対する聴取を拒否すると伝えられたことを明らかにした。聴取について、一部メディアが報じたことが背景。

朴大統領への聴取は9日に非公開の場所で行われる予定だったという。報道官は「聴取が必要であるという立場に変わりはないが、現時点で日程は未定」と述べた。

報道官によると、大統領府で9日に聴取が行われるとのテレビ報道の後、大統領側が聴取取りやめを伝えてきたという。