[東京 10日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比309円07銭高の1万9216円74銭となり、大幅反発して始まった。取引時間中としては1月30日以来の水準まで上昇している。前日の米国市場でダウ<.DJI>が最高値を更新。

外部環境を好感し、大型株は軒並み買いが優勢となっている。33業種全てが値上がりし、石油関連や金融セクター、ゴム製品、輸送用機器などが上昇率上位に入っている。