[ワシントン 9日 ロイター] - 連邦控訴裁が9日、イスラム圏7カ国からの入国などを制限する大統領令の一時差し止めを支持したことを受け、トランプ米大統領は控訴裁の決定は「政治的判断だ」と批判し、最終的には政権側が勝利すると表明した。

大統領は記者団に対し「(州政府側に)法廷で会う」と述べ、その上で「ひとつの決定にすぎず、われわれが勝訴する」と言明し、控訴裁の決定は政権側にとって大きな痛手ではないとの立場を示した。