[上海 10日 ロイター] - 中国外務省は、王毅外相が訪問先のニュージーランドでイングリッシュ首相と会談し、自由貿易とグローバル化の推進に向けて協力することで一致したと明らかにした。

外務省が9日遅くにウェブサイトに掲載した声明によると、両氏は9日の会談で、2008年に締結した2国間自由貿易協定(FTA)の拡大や、インフラ、観光分野などでの協力に関する交渉開始について話し合った。

声明によると、王外相は「両国が協力しながら国際貿易システムを守り、開かれた経済を築くとともに、FTAの拡大開始に取り組むべきだ」と述べた。

また、会談ではイングリッシュ首相が中国企業によるニュージーランドへの投資を歓迎すると表明し、王外相はニュージーランドがインフラプロジェクトで中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」を支持することを望むと述べた。

両氏が環太平洋連携協定(TPP)について話し合ったかどうかは明らかにされていない。