[ローマ 10日 ロイター] - イタリア国立統計研究所(ISTAT)が公表した12月の鉱工業生産指数は前月比1.4%上昇した。

ロイターがまとめたアナリスト15人の予想の横ばいを大幅に上回った。11月は0.8%上昇(改定値)だった。

第4・四半期は前期比1.3%上昇で、前期の1.5%上昇からやや鈍化した。ただ、国内総生産(GDP)に期待がもてる水準となっている。

イタリアの鉱工業生産はGDPとの関連性が高い。第4・四半期GDP速報値は14日に発表される。