[台北 10日 ロイター] - 台湾総統府は10日、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席との電話会談で「1つの中国」原則を守ると述べたことを受け、台湾は引き続き米国と緊密に連絡を取り合い、関係を強化すると発表した。

総統府の報道官は声明で「台湾と米国は『ゼロ・アクシデント』アプローチを維持するため、ともに緊密な接触と連絡を維持する」と述べた。

また、「良好な台湾と米国、(中国との)両岸関係を維持することが台湾の利益にかない、地域の平和と安全の鍵になる」と指摘した。