[ワシントン 10日 ロイター] - 米中首脳の電話会談について、日本政府報道官は10日、地域にとって前向きな動きと評価した。

同報道官は記者会見で「地域や国際社会の平和や安全保面で良いことで、前向きな動きだ」と指摘。「地域の平和や安全保障に関して、建設的で率直な話し合いが行われたと認識している。正しい一歩だ」と語った。