[ビリニュス 10日 ロイター] - トランプ米大統領が、ウクライナの領土的一体性を支持する考えを示唆していたことが分かった。

リトアニアのグリバウスカイテ大統領宛ての8日付書簡が、在ビリニュス米国大使館のウェブサイトに掲載された。

トランプ氏はグリバウスカイテ氏に対し、「エネルギーの多様化を進める取り組みや、ウクライナの主権や領土的一体性への支持は、欧州や地域の安全保障を強化する共通目標を推し進めるものだ」と指摘した。

ロシア産ガスへの依存を減らすリトアニア側の取り組みを歓迎した発言ともみられている。