ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ギリシャと債権団の支援協議が進展、融資実施へ期待高まる

2017年2月11日

[ブリュッセル 10日 ロイター] - ギリシャと国際債権団は10日、今後数年のギリシャの財政軌道をめぐる意見の相違を解消する上で、明確な進展を遂げた。

ギリシャのチャカロトス財務相は、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)と、欧州中央銀行(ECB)、ユーロ圏救済基金、欧州委員会、国際通貨基金(IMF)の各当局者らと会談。

デイセルブルム議長は「われわれは本日大きく前進し、(債権団の)調査団が今後数週間にギリシャに戻るために歩み寄った」と話した。

専門家で構成する調査団がギリシャの財政改革の進捗状況を前向きに評価すれば、ユーログループによる次回融資の実施承認に道を開く。ギリシャは7月に72億ユーロの返済を控えており、新たな資金支援がなければデフォルト(債務不履行)に陥る。

ギリシャ支援をめぐる債権団内の溝が埋まりつつあるとの見方が支援し、ギリシャ国債利回りはこの日、大幅低下した。

デイセルブルム議長は詳細には踏み込まなかったが、ユーロ圏当局者によると、債権団はギリシャに対し、2018年までに国内総生産(GDP)比1%に相当する18億ユーロ規模の新たな改革の実施などを求める見通し。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧