[上海 13日 ロイター] - 環境保護団体グリーンピースによると、2016年の中国の鉄鋼生産能力は、政府主導で休眠設備が閉鎖されたにもかかわらず、実質的に増加したことが分かった。

中国は昨年、供給過剰問題に対応するため、今後5年で年間の粗鋼生産能力を最大1億5000万トン削減すると発表した。

グリーンピースが中国連合鋼鉄網と合同で行った調査によると、昨年の生産能力は推定で3650万トンの純増だった。純増分の80%は、河北省など北京を取り囲む、重度の環境汚染地域が占めた。

調査によると、昨年には政府目標を超える年間8500万トンの生産能力を持つ設備が閉鎖されたが、その大半はすでに休眠状態にあったもので、操業中に閉鎖された設備の生産能力は2300万トンにとどまった。

また、昨年は新規プロジェクトがすべて禁止されたにもかかわらず、生産能力1200万トンの設備が操業を開始。さらに、鉄鋼価格の回復を受けて、昨年に推定で4900万トンの鉄鋼生産が再開されたという。