ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

欧州、再生可能エネルギーへの投資続く見通し=業界団体

2017年2月13日

[ブリュッセル 10日 ロイター] - 欧州電気事業者連盟のクリスチャン・ルビー事務局長は、トランプ米大統領が米国の気候変動に対する目標を下げたとしても、欧州の電力各社が再生可能エネルギーへの投資を減らすことはないとの見方を示した。

トランプ氏は、米国の石油やガス、石炭産業の支援や、地球温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」からの脱退を大統領選で公約に挙げたが、まだ実際の行動には移していない。

ルビー氏は、「米国が基本的な方針を変更すれば、欧州でも議論となる」とした上で、「風力や太陽光などの再生可能エネルギーのコスト低下やリスクを分散する必要性から、電力会社の再生可能エネルギーへの長期的な投資は続く」との見通しを示した。

また、米国が気候変動に対する取り組みから撤退しても、中国は同取り組みに残るとみられるため、「事を荒立てる必要はない」見通しだという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧