[アシガバート 13日 ロイター] - 中央アジアのトルクメニスタンで12日、大統領選挙が行われ、現職のベルドイムハメドフ大統領(59)の3選が確実な見通しとなった。

中央選管によると、開票率97.27%の時点で、ベルドイムハメドフ氏の得票率は97.69%だったという。

ベルドイムハメドフ氏は、2006年に死去したニヤゾフ前大統領の後を継ぎ、10年にわたり強権政治を行っている。

トルクメニスタンでは昨年、70歳までだった大統領選候補者の年齢制限を撤廃し、大統領の任期を5年から7年に延長する憲法改正が実施され、ベルドイムハメドフ氏の終身在任が可能になった。