クレジットカード活用術
2017年2月17日公開(2017年2月28日更新)
バックナンバー

「クレジットカード活用術」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカード活用術

クレジットカード&ポイントの達人・菊地崇仁氏がビジネスパーソンの「最強クレジットカード」選びを強力にサポート! 高還元、マイル、共通ポイント、電子マネーなど、さまざまな観点から「最強のクレジットカード」の選び方と、業界再編で「戦国時代」に突入しているポイントの上手な活用術を伝授!

菊地祟仁

Y!mobileと楽天モバイル、格安スマホを選ぶなら?
料金、プラン内容、ポイント制度、通信速度など、
さまざまな観点で2つの大手格安スマホを徹底比較!

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」は、月額462円(税抜)の「Yahoo!プレミアム」が無料になる新サービス!

 2017年2月1日から、格安スマートフォン「Y!mobile」を契約しているユーザーは、自動的に月額462円(税抜)の「Yahoo!プレミアム」の会員になれるサービス「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」が始まりました。

楽天モバイル」では基本料金の1%のポイントの「楽天スーパーポイント」が貯まる一方で、「Y!mobile」は利用料金に対して「Tポイント」が付与されなかったため、「Y!mobile」を検討したことがありませんでしたが、「Yahoo!プレミアム」の会員資格が自動付帯することになったので「Y!mobile」について調べることにしました。

 まずは「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」について簡単に説明します。本来、「Yahoo!プレミアム」は月額462円(税込)の有料サービスで、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」の利用時には常にTポイントが5倍となります。さらに、「Yahoo!トラベル」の「ヤフープラン」でも5%のTポイントが獲得できるなどの特典が使えます。この「Yahoo!プレミアム」が「Y!mobile」ユーザーなら無料で利用できるようになったのが「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」です。

 今回は、格安スマホの大手である「Y!mobile」と「楽天モバイル」を比較して、それぞれを保有している場合の「ポイント」について、どちらがお得なのかを検証していきたいと思います。
【※関連記事はこちら!】
(1)
格安SIM「楽天モバイル」のメリットを解説!月々のスマホ利用料が525円からと激安になり、さらに、楽天スーパーポイントもザクザク貯まる!
(2)
楽天市場で還元率20%にできる“秘密兵器”を紹介!「楽天プレミアムカード」と「楽天モバイル」のコストを払ってもモトが取れる人、使い方を徹底解説

「Y!mobile」と「楽天モバイル」の料金を比較!
料金では「楽天モバイル」が「Y!mobile」を圧倒!

 「Y!mobile」のプランは通話が可能な「スマホプランS/M/L」と、通信用の「データプランS/L」があります。「スマホプランS」と「データプランS」の場合は高速データ通信容量が1GB、「スマホプランM」の場合は3GB、「スマホプランL」と「データプランL」の場合は7GBです。それぞれのプランの料金は以下のとおり。

■「Y!mobile」の料金プランは?
 高速データ容量(※1) 通話可能な
「スマホプラン」
通信用の
「データプラン」
 1GB
(「スマホプラン」の場合、
  2年間は2GB)
2980円
 (1年目は1980円)
1980円
 3GB
(「スマホプラン」の場合、

  2年間
は6GB)
3980円
 (1年目は2980円)
 7GB
(「スマホプラン」の場合、
  
2年間は14GB)
5980円
 (1年目は4980円)
3696円
※1「スマホプラン」のデータ容量2倍特典は、新規・MNP・契約変更が対象。
※料金はすべて税抜。

Y!mobile」の「スマホプラン」では、10分以内の通話であれば何回発信しても無料(10分以降は30秒につき20円)。また、1年間限定で基本使用料が1000円引きになるのに加えて、2年間は毎月の高速データ容量が2倍になる特典もあります。

 一方、「楽天モバイル」の場合は、「Y!mobile」の「スマホプラン」に該当する通話が可能な「通話SIM」と、「Y!mobile」の「データプラン」に該当する「データSIM(SMSあり・なし)」があります。

■「楽天モバイル」の料金プランは?
 高速データ容量 通話可能な
「通話SIM」
通信用の
「データSIM」
SMSあり SMSなし
 ベーシックプラン 1250円 645円 525円
 3.1GBプラン 1600円 1020円 900円
 5GBプラン 2150円 1570円 1450円
 10GBプラン 2960円 2380円 2260円
 20GBプラン 4750円 4170円 4050円
 30GBプラン 6150円 5520円 5450円
※料金はすべて税抜。

Y!mobile」と「楽天モバイル」は、同じようなプランが存在しないため、単純な比較はできません。しかし、通話可能な3GB程度のプランを見ると、「Y!mobile」が3980円なのに対して、「楽天モバイル」のほうは1600円と大幅に安くなります。

 ただし、「Y!mobile」の場合は10分以内の通話無料がついていますが、「楽天モバイル」の場合はデフォルトでは無料通話はついていません。5分以内の通話無料オプションをつけた場合、+850円となるため、月額料金は2450円/月(5分以降は30秒につき10円)。

 もし、5分以上の電話を1週間に2回すると仮定して1回あたり8分の通話をしたとします。「Y!mobile」は通話料金が無料ですが、「楽天モバイル」の場合は480円が追加で必要になり、月額料金は2930円となります。しかし、それでも「楽天モバイル」のほうが安いことになります。

 また、「楽天モバイル」の場合は基本料金に対して1%の「楽天スーパーポイント」がもらえますが、「Y!mobile」の場合は料金に対して「Tポイント」の付与はありません。このように格安スマホの料金比較としては「楽天モバイル」のほうが圧倒的に有利だと言えるでしょう。

「格安スマホ+クレジットカード」の組み合わせで得をするのは
「Y!mobile」と「楽天モバイル」のどちらなのか?

 格安スマホの料金だけの比較をした結果、「楽天モバイル」が圧倒的に有利なことはわかりました。格安スマホの料金を比較した理由は、格安スマホを持っていると「Y!mobile」なら「Yahoo!ショッピング」、「楽天モバイル」なら「楽天市場」と、それぞれのグループのショッピングサイトでポイントがアップするためです。

 詳しく見ていくと、「Y!mobile」の場合は、冒頭でも紹介したように「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」で常時ポイントが4%も上乗せになります。4%分は期間固定ポイントとなり、ポイントの交換などはできずに「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」などでしか利用できないので注意しましょう。

 一方、「楽天モバイル」の場合は、「通話SIM」契約者に限定されますが「楽天市場」や「楽天ブックス」「楽天マート」などで1%分のポイントが上乗せされます。

 また、それぞれのクレジットカードを保有しているとポイントが増える特典もあります。

 「Yahoo! JAPANカード」の場合は「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」でポイント3倍となります。

【※関連記事はこちら!】
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携! 年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍に!

Yahoo! JAPANカード
 還元率 1.0~3.0%
おすすめクレジットカード!Yahoo! JAPANカード
 発行元 ワイジェイカード
 国際ブランド VISA、Master、JCB
 年会費(税抜) 永年無料
 家族カード あり(永年無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco(JCBのみ)au WALLET(Masterのみ)
Yahoo! JAPANカード公式サイトはこちら

 「楽天カード」の場合は「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天マート」でポイント4倍となります。

【※関連記事はこちら!】
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(メインカード部門)

楽天カード
 還元率 1.0~4.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場利用時は還元率4.0%に。なお、楽天市場利用の+3.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カード(JCB)の詳細はこちら!
 発行元 楽天カード
 国際ブランド VISA、Master、JCB
 年会費 永年無料
 家族カード あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco(JCBのみ)、楽天Edy(還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら

 「格安スマホ」と「クレジットカード」のすべての特典を合わせると、合計の還元率は次のようになります。

■「Y!mobile+Yahoo! JAPANカード」と「楽天モバイル+楽天カード」は
 どちらの組み合わせが得なのか?
  Yahoo!ショッピング
LOHACO
楽天市場
楽天ブックス
楽天マート
 サイトで付与されるポイント 1.0% 1.0%
 格安スマホユーザーへの特典 4.0%
(期間限定)
1.0%
 クレジットカードの通常ポイント 1.0%
(Yahoo! JAPANカード)
1.0%
(楽天カード)
 クレジットカードの特典 1.0% 2.0%
(期間限定)
 アプリ利用の特典
(日付限定の特典はあり)
1.0%
(期間限定)
 合計 7.0% 6.0%
※(期間限定)は有効期限が短いポイント。


 つまり、「Y!mobile」ユーザーが「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」を利用するときに「Yahoo! JAPANカード」を使うと合計7%還元となり、「楽天モバイル」ユーザーが「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天マート」を利用するときに「楽天カード」を使うと合計6%還元になるということです。

 例えば、3万円の購入があった場合、「Y!mobileYahoo! JAPANカード」の場合は2100円分のポイントを、「楽天モバイル楽天カード」の場合は1800円分のポイントを獲得できるということですね。

Y!mobile+Yahoo!ショッピング+Yahoo! JAPANカード」のほうが「楽天モバイル+楽天市場+楽天カード」よりも1%多くポイントを獲得できますが、前述のように3GB程度の料金プランで比較したところ、「Y!mobile」のほうが「楽天モバイル」よりも価格が1000円くらい高いということを考慮すると、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で1カ月に10万円程度を使わない限り、「楽天モバイル+楽天市場+楽天カード」のほうがお得ということになります。

通信サービスとしての実力は「Y!mobile」のほうが上。
時間帯によって「楽天モバイル」は通信速度が大幅に遅くなる

 最後に、「Y!mobile」と「楽天モバイル」の通信サービスの「質」についても少し紹介しておきたいと思います。

 筆者はこの記事を書くまで「Y!mobile」と「楽天モバイル」は同じ「MVNO(仮想移動体通信事業者)だと考えていました。「Y!mobile」はソフトバンク回線を、「楽天モバイル」はドコモ回線を利用しているとの認識でした。しかし、実際は「Y!mobile」はMNO(移動体通信事業者)で、「楽天モバイル」はMVNO(仮想移動体通信事業者)となるようです。

「Y!mobile」の画面には独自の通信ネットワークを持つMNO(移動体事業者)だとわかる「Y!mobile」マークがある(上)が、「楽天モバイル」には「NTT DOCOMO」のマークが表示される
拡大画像表示

 それぞれのスマートフォンの左上に表示される通信ネットワークを確認すると、「Y!mobile」は「Y!mobile」の表示となりますが、「楽天モバイル」は「NTT DOCOMO」とドコモ回線を利用しているという事がわかります。

 つまり、「Y!mobile」は独自の通信ネットワークを持ち、「楽天モバイル」は他社から回線を借りてサービスを提供しているということです。

 この違いは「通信の安定性」に大きく影響してきます。例えば、「楽天モバイル」の場合は、回線の一部を借りているため、Wi-Fiを使わない利用者が増える通勤時間帯やお昼休みの時間はかなり回線が込み合い、通信速度が大幅に低下します。

 しかし、「Y!mobile」の場合は「Y!mobile」自体が通信事業者となるため、通勤時間帯やお昼休みの時間でも通信速度低下を感じることはないということです。

 そこで、実際に「楽天モバイル」と「Y!mobile」でどの程度の差が出るのか、スピードテストをしてみました。使った端末はそれぞれ以下のとおりです。

【楽天モバイル】富士通 arrows M03
【Y!mobile】HUAWEI LUMIERE 503HW


 まず、平日のお昼休み後の14時頃に計測しました。通信速度の計測になるため、Wi-FiはOFF、公平になるように3回ずつ計測しています。

■「Y!mobile」と「楽天モバイル」の通信速度の違い(平日14時頃)
  1回目 2回目 3回目
Y!mobile 楽天モバイル Y!mobile 楽天モバイル Y!mobile 楽天モバイル
下り 45.27Mbps 41.72Mbps 39.52Mbps 39.57Mbps 22.70Mbps 42.68Mbps
上り 13.27Mbps 8.36Mbps 12.87Mbps 7.71Mbps 11.69Mbps 9.69Mbps

Y!mobile」と「楽天モバイル」では下りはそれほど差はありませんが、上りは若干「Y!mobile」のほうが早いでしょうか。

 続いて、平日の通勤時間帯である8時25分頃に計測してみました。

■「Y!mobile」と「楽天モバイル」の通信速度の違い(平日8時25分頃)
  1回目 2回目 3回目
Y!mobile 楽天モバイル Y!mobile 楽天モバイル Y!mobile 楽天モバイル
下り 42.00Mbps 0.62Mbps 45.88Mbps 2.02Mbps 30.73Mbps 1.41Mbps
上り 13.08Mbps 0.75Mbps 13.11Mbps 3.39Mbps 14.39Mbps 0.91Mbps

 まず、「Y!mobile」を見ると、平日14時頃のデータとほとんど違いはありません。しかし、「楽天モバイル」のほうは極端に遅くなっていることがわかります。やはり、Wi-Fiを使わない利用者が増えることで、「楽天モバイル」の通信速度は遅くなるようです。

 もし、外出先でも安定した回線を使いたいという場合は「Y!mobile」、安さ+ポイント重視の場合は「楽天モバイル」を選ぶのがおすすめと言えそうです。

【※「楽天モバイル」の関連記事はこちら!】
(1)
格安SIM「楽天モバイル」のメリットを解説!月々のスマホ利用料が525円からと激安になり、さらに、楽天スーパーポイントもザクザク貯まる!
(2)
楽天市場で還元率20%にできる“秘密兵器”を紹介!「楽天プレミアムカード」と「楽天モバイル」のコストを払ってもモトが取れる人、使い方を徹底解説

【※「Yahoo! JAPANカード」の関連記事はこちら!】
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!

Yahoo! JAPANカード
 還元率 1.0~3.0%
おすすめクレジットカード!Yahoo! JAPANカード
 発行元 ワイジェイカード
 国際ブランド VISA、Master、JCB
 年会費(税抜) 永年無料
 家族カード あり(永年無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco(JCBのみ)au WALLET(Masterのみ)
Yahoo! JAPANカード公式サイトはこちら

【※「楽天カード」の関連記事はこちら!】
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(メインカード部門)

楽天カード
 還元率 1.0~4.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場利用時は還元率4.0%に。なお、楽天市場利用の+3.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カード(JCB)の詳細はこちら!
 発行元 楽天カード
 国際ブランド VISA、Master、JCB
 年会費 永年無料
 家族カード あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco(JCBのみ)、楽天Edy(還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年3月18日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 リクルートカード
1.2~4.2% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
楽天Edy

nanaco
※ICOCA、楽天Edyは
VISA、Masterのみ
リクルートの公式サイトはこちら
【リクルートカードのおすすめポイント】
通常還元率1.2%で、ポンパレモールでは4.2%以上になるほか、リクルートが運営する「じゃらんnet」や「ホットペッパー」でもポイントアップ! また、チャージでポイントがつく電子マネーも豊富なのでポイントが貯まりやすい。貯まった「リクルートポイント」はリクルートが運営するサービスで利用できるだけでなく「Ponta」に等価交換できるので、ローソンやケンタッキー・フライド・チキンなどで1ポイント単位で無駄なく使える!
【関連記事】
◆「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
◆dカードはdポイントを貯める最強カードじゃない!?「dカード+リクルートカード」を併用しつつ、電子マネーを活用して「dポイント」を貯める裏ワザ
リクルートカードの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

隠れ割安株ベスト66
人気株500激辛診断
長期優遇の優待株34

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18】
円安メリット株想定ドル円レート一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ!人気株500診断
・買いの10万円株高配当株優待株21
失敗しない投資の鉄則7カ条
・元本保証のネット定期&個人向け国債
・不透明な世界に備える金への投資
・積み立てがベスト!増やす株式型投信
・利回りを欲張らない!健全分配型投信
長期優遇あり株主優待株ベスト34
上場全3629銘柄最新理論株価
最高3%退職金専用定期利回り比較
別冊付録・相続&贈与などの節税ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!