[ソウル 13日 ロイター] - 韓国特別検察は13日、朴槿恵大統領の親友、崔順実被告をめぐる疑惑で、サムスングループの事実上のトップである李在鎔氏を除くグループ幹部4人にも逮捕状を請求するかどうかを検討すると明らかにした。

特別検察の李圭哲報道官は記者会見で、幹部4人を容疑者としてみており、聴取後に逮捕状を請求するかどうか決めると説明した。

検察はこれまで、李在鎔氏以外の幹部の逮捕状は請求しないと述べていた。