[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、カナダのトルドー首相との会談後の共同記者会見で、米国はカナダとの通商関係は大幅に変更せず「微調整」にとどめるとの方針を示した。

トランプ大統領はこれまでに、米国、カナダ、メキシコが加盟する北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を行う方針を表明。トルドー首相との共同記者会見で、NAFTAを巡っては米・メキシコ間の関係が最大の懸念となっているとし、「米国はカナダとは非常に良好な関係を築いている」と指摘。カナダとの状況は「米国の南側の国境で見られている状況ほど厳しくはない」と述べた。

今回がトランプ氏との初の会談となったトルドー首相は、米国との通商問題について慎重に言葉を選んで対応。

カナダと米国は常に相互に最も重要なパートナーであり続けるとの見方を示したほか、NAFTAの再交渉を巡るカナダ企業の懸念に関する質問に対しては、「カナダ経済は米国との関係に大きく依存しているため、多くのカナダ国民にとり現実的な懸念となっている」と指摘。「毎日、国境を越えて財とサービスが取引されている。われわれはこうした財とサービスの自由な行き来を可能にする必要があり、2国間の経済の統合性を認識する必要がある」と述べた。