[東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比19円71銭高の1万9478円86銭となり、小幅続伸して始まった。前日の米国株市場で主要3指数が過去最高値を更新した流れを引き継いで買いが先行した。

為替が1ドル113円台でもみ合っていることに加え、日経平均は連日上昇の反動もあり、寄り後の上値は重い展開となっている。ゴム製品、非鉄金属が買われ、鉄鋼もしっかり。半面、医薬品、精密機器はさえない。