[ワシントン 13日 ロイター] - スパイサー米大統領報道官は13日、トランプ大統領がフリン大統領補佐官(国家安全保障担当)を巡る状況を判断していると述べた。フリン氏を巡っては、トランプ大統領の就任前にロシア側と米国の対ロ制裁を協議したとの疑いが出ている。

スパイサー報道官は声明で、フリン氏に関する調査が政権発足前のロシアとの協議以外も対象としている可能性を示した。報道官は「大統領がペンス副大統領らと国家安全保障について協議している」と説明した。

一部では、フリン氏が指揮する米国家安全保障会議(NSC)の機能不全に関しても報じられている。

フリン氏は当初、ペンス副大統領に対し、ロシア当局者と制裁について協議しなかったと述べ、副大統領はテレビのインタビューでフリン氏を擁護していた。しかしフリン氏は最近になり、制裁を協議したかもしれないが100%の確信を持って思い出すことはできないと述べた。

スパイサー報道官の声明発表の約1時間前には、コンウェー大統領顧問が記者団に対し、フリン氏はトランプ大統領の全面的な信頼を得ていると述べていた。

ただトランプ大統領はカナダのトルドー首相との13日の共同記者会見で、フリン氏を支持する姿勢は見せなかった。

ホワイトハウスの高官は、フリン氏のロシア側との接触や、大統領就任後に米国の対ロシア制裁が解除される可能性について話し合われたかどうかを調べている。制裁が協議されていた場合、民間人の外交政策関与を禁止する法律に違反する可能性がある。

*大統領顧問の名前の表記を修正し、再送します。