[上海 14日 ロイター] - 北京市は大気汚染対策の一環として、15日から一定の排出基準を満たさない自動車を規制する。新華社が北京市政府の話として伝えた。

大気汚染が深刻化するなか北京市は1月、石炭消費や自動車の排気ガスによる二酸化炭素の排出削減に向けて、今年特別な措置を取ると発表している。

新華社によると、中国の排出基準IIIを満たしていないガソリン車は平日に北京市主要地区の走行が禁止され、違反した場合は運転手に罰金が課せられる。