[13日 ロイター] - 米ディスカウント小売チェーンのバーリントン・ストアーズ<BURL.N>は、トランプ米大統領の長女イバンカさんが手掛けるアパレルブランド「イバンカ・トランプ」のオンラインでの販売を停止することを決めた。ビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト、ビジネスインサイダーが報じた。

バーリントンは今後、イバンカブランドのアクセサリーや衣類をオンラインでは取り扱わないという。店舗での販売を続けるかどうかは不明。

イバンカさんの代理人やバーリントンからのコメントはこれまでのところ得られていない。

米百貨店ノードストローム<JWN.N>は今月初め、売上不振を理由にイバンカブランドの扱いを止めると発表。トランプ大統領がツイッターにノードストロムは不公平だとイバンカさんを擁護する書き込みを行った。