ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

“住活”はマイホーム探しだけじゃない!
極上賃貸に住む「トクする引越し」の条件

SUUMO(スーモ)編集部
【第6回】 2010年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 例年、春が近づくにつれて増えていく「引越し」。実はこれからの時期、引越しを考えるのは学生ばかりではない。家庭によって事情はまちまちだが、現在住んでいる賃貸の更新時期が来たり、生活スタイルが変化したりといった理由により、寒さが和らぐ春先にかけて引越しを考えるサラリーマンやOLも少なくないだろう。

 この連載は、これまでマイホーム購入を目指して「住活」を続けるサラリーマン世帯に向けた情報を主に提供してきたが、今回は少し趣向を変えて「トクする引越し」について考えてみよう。

  「住活」の醍醐味は、なにもマイホームの購入ばかりではない。転職、結婚、子供の進学など、人生のあらゆるイベントに関連して起こり得る引越しと賃貸物件探しは、気がつくとコスト面でもライフスタイル面でも、自分の人生に大きな影響を及ぼしていることが多いものだ。

 そこで、引越しに関する豊富なアンケート結果を用いながら、引越しと賃貸物件の最新トレンドを詳しく説明していこう。

引越しを考え始めたきっかけは
更新時期や生活スタイルの変化

 まずは、「引越しを思い立ったきっかけ」を分析してみよう。アンケートによると、「更新時期がきたから」が17.0%でトップとなっている。「更新手数料を払って今と変わらない生活を続けるなら、もう少し金額をプラスして新しい生活を始めたい」と考える人も少なくないようだ。

 引越しの理由を世帯構成別に見てみると、一人暮らしの女性社会人では、「一人暮らしをしたかったから」(21.0%)という理由がトップとなっており、これは一人暮らしの男性社会人(17.9%)に比べてやや多い。

 一方、一人暮らしの男性社会人については、「転職したから」という理由がトップで、22.1%となっている。ちなみに、ふたりの世帯では「結婚した(する)から」(35.7%)、ファミリーでは「転勤したから」(19.7%)といった項目がトップだ。

 これを見ると、男性社会人、ふたりの世帯、ファミリーの世帯は、環境の変化といった外的要因がきっかけとなって引越しすることが多いようだ。それに対して、「一人暮らしをしたかった」という内的要因をきっかけに引越しを思い立つケースが目立つのが、女性社会人。

 実際、ふたりの世帯、ファミリーの世帯のように家族が増えると、自分1人の気持ちで引越しを決められないのが実情だ。その点、生活力があって身軽な女性社会人は、「自分の気持ち1つで引越しを思い立つことができる」という背景をうかがうことができる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

SUUMO(スーモ)編集部

SUUMO(スーモ)とは、「借りたい」「買いたい」「建てたい」「リフォームしたい」「売りたい」という、住まいの幅広いニーズに応えたコンテンツ・サービスを提供する(株)リクルートの住宅・不動産情報総合サイト。物件情報のみならず、エリア情報、住まい探しのダンドリ、マーケット情報まで、口コミ情報やお役立ちノウハウが満載。西村里香編集長以下、「住活のプロ」を自負する編集部員たちが、読者の住まい探しを徹底サポートする。
⇒『SUUMO』のHPはこちら


チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

(株)リクルートの住宅・不動産総合サイト「SUUMO」(スーモ)編集部が、復活の兆しを見せている住宅市場で本格的に「住活」を始めた読者に、プロの目から見た「買い時」と「賢い買い方」を教える。

「チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)」

⇒バックナンバー一覧