[北京 14日 ロイター] - 中国は、2022年までに独自の有人宇宙ステーション建設を目指す計画の一環として、初の宇宙貨物船「天舟1号」を4月に打ち上げる計画だ。共産党機関紙、人民日報が14日、1面で報じた。

当局によると、天舟1号は、長征7号Y2ロケットを使って、海南省の文昌衛星発射場から打ち上げる計画だという。

無人宇宙実験室「天宮2号」とドッキングするよう設計された天舟1号は、6トンの貨物と2トンの燃料が搭載可能で、無人で3カ月飛行可能だという。

*キャプション内を一部修正し、再送します。