[東京 14日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>が14日発表したかんぽ生命<7181.T>の保有資産に占める国債の比率は2016年12月末時点で53.6%となり、9月末の52.9%から増加した。低金利の継続で、ゆうちょ銀行<7182.T>とかんぽ生命は主力の運用商品である国債の保有比率を減らし、運用先の多様化を進めてきたが、ゆうちょ銀の国債比率が35.3%(9月末は37.7%)と低下を続けたのとは対照的な結果となった。

かんぽ生命の国債保有比率が四半期ベースで上昇するのは、2014年3月期の第1四半期以来。同社の担当者は、昨年円金利が上昇した局面でヘッジ外債に回す分の資金を国債に振り向けたことが背景だと説明した。

ただ「第4四半期には国債の償還もあるので、前年比で国債は減少するだろう」と話した。

昨年の米大統領選後、米長期金利は急上昇した。かんぽ生命の宮地弘幸主計部長は「今後どうなるか、まだ依然不透明な状況なので、当面慎重に状況を見極める必要がある」と述べた。

ゆうちょ銀の大野利治財務部長は、この局面でどのような運用をしていたか、言及を避けた。

日本郵政が同日発表した2016年4―12月期連結決算では、純利益が前年同期比22.6%減の2966億円。2014年3月期に四半期決算を開始して以降、純利益は最小となった。国債の利息収入が減り、ゆうちょ銀の純利益が前年同期比16.2%減の2229億円となったことが重しとなった。

通期の見通しは3200億円で据え置いた。日本郵政の市倉昇専務は「見通しに対して順調に推移している。この時点での見通しの修正は行わない」と述べた。通期予想に対する第3四半期終了時点の進ちょくは92.7%。

*内容を追加しました。

(和田崇彦)