[ソウル 14日 ロイター] - 韓国国土交通省は、日産自動車<7201.T>の韓国部門がセダン「インフィニティQ50」の燃費試験の結果を不正に操作したとして検察当局に告訴した。政府当局者が14日、明らかにした。

同省は同様の問題を巡りドイツのBMW<BMWG.DE>とポルシェも調査しているという。

ソウル中央地方検察庁は、国土交通省の告訴を受けて日産自動車の捜査を開始した。

政府当局者によると、日産はQ50の燃費効率を誇張しており、実際の試験結果よりも3.4%高くなっているという。

日産の韓国部門の広報担当者は、昨年に当局に提出した証明書に不適切な問題があったとし、「幹部の不正が原因だ」と指摘。「この問題について遺憾に思う」と述べた。

ソウルのBMWの広報担当者は、調査について知らされていないと語った。ポルシェの広報担当者はコメントはないとしている。