[ロンドン 14日 ロイター] - 英航空・防衛大手ロールスロイス<RR.L>が14日発表した2016年通期決算で、過去最大の46億ポンド(58億ドル)の税引前損失を計上した。

同社は贈賄を巡る疑惑で英、米、ブラジル当局に合計6億7100万ポンドの和解金を支払うことで合意しており、損失にはこの分も含まれている。英国の欧州連合(EU)離脱決定後のポンド安も影響した。

同社は業績見通しを何度か下方修正しており、事業再編を進める中、さらなる費用削減が必要だと言明した。

税引き前の基礎的利益は8億1300万ポンドと、前年の約半分に減少した。ただ、利益はアナリスト予想を上回った。

ウォーレン・イースト最高経営責任者(CEO)は、事業ポートフォリオは「概して適正」だと述べたが、事業の20%に対し見直しを行う必要があると説明。今後数カ月以内に、さらに対応を行うかどうかを決めるとした。

エディソン・インベストメント・リサーチのアナリスト、アンディ・チャンバース氏は、損失を除けばロールスロイスのパフォーマンスは自社および市場の予想を上回ったとの見方を示した。