[モスクワ 14日 ロイター] - ロシア上院国際問題委員長のコンスタンチン・コサチェフ氏は14日、フリン米大統領補佐官が辞任したことについて、トランプ米大統領が窮地に追い込まれたか、同政権が反ロシア感情に「感染した」ことを示唆するものだとの見解を明らかにした。国営RIAノーボスチ通信が報じた。

フリン氏は当初、米国の対ロ制裁についてロシアと協議したことはないと説明していたが、傍受された通話記録により、キスリャク・ロシア大使との会話で制裁問題が取り上げられていたことが発覚した。

コサチェフ委員長は「トランプ大統領が必要な独立性を得ておらず、結果として窮地に追い込まれたか、もしくは新政権全体がすでに『ロシア嫌い』に感染しているかのどちらかだろう」と述べた。