ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国の新規元建て融資、1月は過去2番目の規模に 社会融資も急増

2017年2月14日

[北京 14日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が14日発表した1月の新規人民元建て融資は2兆0300億元(2957億4000万ドル)だった予想は下回ったが、過去2番目の規模となった。

ロイターがまとめたアナリスト予想は2兆3000億元。昨年12月は1兆0400億元だった。

1月の新規の社会融資総量は3兆7400億元で、12月や1年前の水準から急増した。

マネーサプライM2伸び率は前年比11.3%で予想と一致した。

1月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.6%増。2005年5月以来の小幅な伸び率となった。アナリスト予想は13.4%増だった。

新規の信託融資は、ほぼ倍増の3175億元。社債市場が低迷するなか企業が調達を振り向けた。

1月末時点の中国社会融資総量は前年比12.8%増で基調とほぼ一致。中国人民銀行(中央銀行)が金融状況の基本的な安定を維持し、不動産など特定のセクターで引き締めを図るとの見方を後押しした。

ANZのエコノミストはリサーチノートで、オフバランスでの融資の急速な伸びにより人民銀の引き締めが促進される可能性があるとし、6月末までに7日物レポ金利を追加で0.15%ポイント引き上げるとの見通しを示した。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧