[ニューアーク(米デラウェア州) 14日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のラッカー総裁は14日、トランプ政権が貿易障壁を低水準にとどめる政策などを覆せば米経済成長は著しく阻害されるとの見解を示した。

同総裁は記者団に対し、低水準にある関税と貿易障壁が引き上げられれば「成長は大きく阻害される」と述べた。

ラッカー総裁は9月に退任する。