ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米FRB、早期の利上げが賢明=ダラス連銀総裁

2017年2月15日

[ヒューストン 14日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は14日、連邦準備理事会(FRB)は早期に利上げに動くことが賢明となるとの考えをあらためて示した。

同総裁は記者団に対し、大規模な緩和にはコストが伴うとの考えを示し、「次の一歩を進めてから状況を検証することの利点はある」と述べた。

ただ早期の行動を主張することはFRBに年内により多くの回数の利上げを実施する選択肢を与えることを意図したものではないとの考えを示した。

また、高齢化の進展により労働力が縮小していることが今年の米経済成長に対する最大のリスクとなっていると指摘。歴史的に移民が労働力の増加に貢献してきたと述べた。ただトランプ大統領の移民政策については直接言及しなかった。

このほか、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の見直しについては、中小行に対する規制緩和が優先される場合は一部の見直しを支持するとの立場を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧