[ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領は15日に米小売大手8社の幹部と会談し、税制や改革やインフラ整備などについて協議する。関係筋が明らかにした。ホワイトハウス高官も、トランプ大統領が15日午前に小売各社の最高経営責任者(CEO)と会合を持つことを確認している。

会合に出席するのは、ターゲット<TGT.N>、ベスト・バイ<BBY.N>、JCペニー<JCP.N>、ギャップ<GPS.N>、オートゾーン<AZO.N>、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.O>、ジョーアン・ストアーズ[NEDLEJ.UL]、トラクター・サプライ<TSCO.O>のCEO。

これら8社は、米政府が導入を検討している国境調整税に反対するために今週ワシントンを訪れると報じられていた。