[東京 15日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は15日午後の衆院財務金融委員会に出席し、「2%の物価目標達成まで相当距離がある」として、海外の金利が上昇したからといって「(ゼロ%の)長期金利目標を上げることはない」と述べた。

米国経済は「世界最大の経済であり、世界・日本に影響が大きい」とし、米連邦準備理事会(FRB)が従来通り適切な政策運営を行なうことを期待すると述べた。

民進党の伴野豊議員への答弁。

(竹本能文)