ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

追加緩和必要なら、金利目標引き下げることになる=黒田日銀総裁

2017年2月15日

[東京 15日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は、15日午後の衆院財務金融委員会に出席し、さらなる緩和強化が必要となる場合、現在は短期マイナス0.1%、長期ゼロ%の金利目標の引き下げを検討することになるとの従来方針にあらためて言及した。木内孝胤議員(民進)への答弁。 

米利上げ方針が見直され、急激な円高が進んだ場合に日銀が現在年間80兆円程度としている国債買い入れをさらに増やす可能性について質問された黒田総裁は、昨年9月の政策転換以降、金融緩和の変数は量から金利に切り替えていると説明した。

(竹本能文※)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧