[北京 15日 ロイター] - 中国政府は14日、1月にH7N9型鳥インフルエンザで死亡した人の数が79人となったことを明らかにした。

国家衛生計画出産委員会によると、昨年10月からの累計死者数は100人となった。

今年1月の死者数は、過去3年間の1月の記録(20─31人)をはるかに上回っている。

また、1月は192人が感染し、昨年10月からの累計感染者数は306人となった。