ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

韓国特別検察、サムスントップの容疑に違法収益の隠蔽を追加

2017年2月15日

[ソウル 15日 ロイター] - 韓国の特別検察当局は15日、サムスングループ[SAGR.UL]の事実上のトップである李在鎔(イ・ジェヨン)氏に対する逮捕状の容疑内容に、違法な収益の隠蔽(いんぺい)行為を追加したことを明らかにした。

検察は14日、贈賄容疑などで李氏とサムスン電子<005930.KS>の朴商鎮(パク・サンジン)社長の逮捕状を請求。裁判所は同日、逮捕状請求の可否を16日に判断すると発表した。

李氏とサムスングループは不正行為を否定した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧