[モスクワ 15日 ロイター] - トランプ米大統領の選挙対策メンバーらがロシアの情報当局者と接触していたとの米紙ニューヨーク・タイムズの報道について、ロシアのペスコフ大統領報道官は15日、事実に基づいていないと主張した。

同報道官は電話会見で「匿名の情報を信じるのはやめよう。記事は事実に全く基づいていない」と述べた。

またロシアがクリミア半島をウクライナに返還することをトランプ氏は期待しているとのスパイサー米大統領報道官の発言について、領土の一体性について外国と協議するつもりはないと話した。