[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、 フリン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)について、米国の情報機関からロシアとの関わりをめぐる情報が不法に流出したことで辞任に追い込まれたとの見解を示した。

トランプ大統領は訪米中のイスラエルのネタニヤフ首相との共同記者会見で、フリン氏について「すばらしい人物」としたうえで、「同氏は非常に不当な扱いを受けた」とし、関連文書は「不法に流出した」との認識を示した。