[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPナウ」によると、第1・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率は年率2.2%になる見通しだ。

最新の小売売上高や消費者物価、鉱工業生産、企業在庫指標を反映させた。見通しは9日時点の2.7%から下方修正した。