ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

欧州諸国は選挙時のハッキングに対応を=米司法省元高官

2017年2月16日

[サンフランシスコ 15日 ロイター] - 米オバマ政権で司法次官補(国家安全保障担当)を務めたジョン・カーリン氏は、欧州諸国はロシアなどがサイバー攻撃で選挙に介入する動きに積極的に対応する必要があるとの見解を示した。

サイバーセキュリティのセミナーで同氏は、2016年の大統領選期間中に民主党の電子メールのハッキングや漏えい阻止において米国の取り組みは不十分だったと指摘。「われわれの取り組みは遅きに失した。効果的な阻止にはまったく至らなかった」と述べた。

今年はフランス、ドイツ、オランダなどの欧州諸国で選挙が行われる。

一部の米民主党員やオバマ政権時代の当局者はこれまでにも、選挙時の政府によるハッキング対策は不十分だったと批判している。

カーリン氏は昨年10月に司法次官補を退任、法律事務所モリソン・フォースターのリスク・危機管理部門の幹部に最近就任した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧