[ソウル 16日 ロイター] - 韓国の朴槿恵大統領を巡る疑惑などを調べる特別検察が青瓦台(大統領府)の家宅捜索を認めるよう求めていた問題で、裁判所は検察の請求を退けた。聯合ニュースが16日、報じた。

機密保持上の問題があるとして大統領府が今月初めに家宅捜索を拒否したことを受け、特別検察は捜索を行えるよう裁判所に申し立てていた。

*一部表現を修正して再送します。