[ローマ 16日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)が発表した2016年の貿易黒字は515億6600万ユーロ(548億4000万ドル)となり、過去最高を記録した。

輸出が日本向けで約10%増、中国向けで6.4%増となった一方、欧州連合(EU)による制裁の影響で、ロシアからの輸入が26%減となった。

エネルギー製品を除く貿易黒字額は779億8100万ユーロだった。

12月の黒字額は57億9800万ユーロだった。前年同月の55億8600万ユーロから増加した。

対EU各国の12月の貿易収支は1億2400万ユーロの黒字だった。前年同月は3億0100万ユーロの赤字だった。

EU統計局によれば、イタリアの2016年の貿易黒字額は、EU域内で、ドイツ(2573億ユーロの黒字)、オランダ(599億ユーロの黒字)に続く第3位だった。