ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米住宅着工、1月は減少 許可件数は1年ぶり高水準

2017年2月17日

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が公表した、1月の住宅着工件数(季節調整済み)は2.6%減の年率124万6000戸となった。

市場予想は122万2000戸。集合住宅の建設が減った。

ただ、全体の着工件数は第4・四半期の平均を上回り、今年1─3月期の国内総生産(GDP)に住宅部門が再び寄与する可能性を示した。

昨年12月分の着工件数は、前回公表の123万戸から128万戸に上方修正された。

また、1月の着工許可件数は4.6%急増して128万5000戸と予想(123万戸)を上回り、2015年11月以来約1年ぶりの高水準を記録した。

許可件数のペースが着工件数を上回り、着工件数は今後数カ月間、反発する公算が大きい。今回の指標は、住宅市場が回復し続けたことを示した。

南部の許可件数が2007年7月以来の高水準に、着工件数は20.0%急増して2007年8月以来の水準となった。

一戸建ての許可件数は、5カ月続いた増加から減少に転じた。

*カテゴリーを変更して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧